Interviewインタビュー

  • TOP>
  • Interview>
  • Vol.1「今、注目のブランデッドムービーは、なぜ視聴者の気持ちを強く動かすのか?~3名のキーパーソンが、ブランデッドムービーの魅力と未来について語る~」

Vol.1「今、注目のブランデッドムービーは、なぜ視聴者の気持ちを強く動かすのか?~3名のキーパーソンが、ブランデッドムービーの魅力と未来について語る~」

作品として監督の作家性を大切にしながら、広告媒体としてクライアントの要望も同時に満たす。さらに物語として観る人の感情を揺さぶり楽しませる。関わる誰もが満足する映像作品が、今、話題のブランデッドムービーだ。
今回、その制作に携わる3名が登場。ブランデッドムービーの現状と未来について語り合った様子を前・後編でお届けします。
 
前編では、ブランデッドムービーラボの設立背景から、ショートフィルムのマーケティング活用の可能性について鼎談。
後編では、この3人が手掛けた、格安スマホNifMoのブランデッドムービー『轟満(とどろきみつる)の先入観』の事例を元に、ブランデッドムービーの新しい分析手法の紹介から、ブランデッドムービーの魅力や課題、制作現場の葛藤まで、貴重なエピソードも交えてお届けします。
 


 
【プロフィール】
top
※写真左から
大泉共弘
(株式会社オプト クリエイティブディレクター/ブランデッドムービーラボ 上席研究員)

1977年生まれ。1999年に渡米し映画制作を学び、2002年に帰国後、映画制作プロダクションと広告プロダクションを経て、2014年からデジタル業界に転身。全体戦略からコミュニケーション&クリエイティブ戦略を担い数々の事例を創出。
 
Yuki Saito
(映画監督・CM監督)

1979年生まれ。Columbia College-Hollywood卒。2015年に農林水産省と制作した短編映画『しゃぶしゃぶスピリット』は、世界各国50以上の映画祭で上映され、米The Indie FEST Film Awardsにて優秀賞を受賞。2014年には、サンシャイン水族館『ペンギンナビ』がカンヌ国際広告祭「Design部門」でゴールドを受賞し、3年連続のカンヌ受賞を達成。CM監督としても国内外で高い評価を受ける。2016年には川端康成原作の『古都』で商業長編デビューを飾る。
 
諏訪慶
(ショートショート実行委員会 チーフ・プロデューサー/ブランデッドムービーラボ 主席研究員)

1977年生まれ。2005年「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」を企画運営する株式会社パシフィックボイスに入社。同映画祭の拡大に貢献し、2015年1月、同社執行役員に就任。10年目を期に、代表の別所哲也と共に株式会社FROGLOUDを設立。
 
 
まず、ブランデッドムービーラボについて教えてください。
 
大泉:ブランデッドムービーラボは、SSFF & ASIAを運営するパシフィックボイスと、企業のデジタルブランディングを支援するオプトがブランデッドムービーを共同で分析、研究する機関として、2016年6月に立ち上げました。
実はその時に“ブランデッドムービー”っていう言葉をつくるところから始めたんですが、自分たちでつくったこの言葉に対して、その定義を決めるのが一番難しかったです。
 
定義の内容を具体的に教えてください。
 
大泉:ブランデッドムービーは、映像によるストーリーテリングで視聴者の気持ちを動かすもので、そのために次の要素が求められると定義しています。
 
     1. 生活者にとってコンテンツが魅力、価値を持つ
     2. 生活者との繋がりを生むブランドのメッセージがある
 
それはつまり、コンテンツの中に何かしらの興味関心ごとや共感要素が含まれていることが重要で、視聴したいと思うように好奇心を刺激したり、最後まで見たいと思わせるエンタテインメントの要素が入っており、まずは視聴者(生活者)に楽しんでもらう必要があります。
そして、ブランド(広告)の一方的な主張ではなく、生活者の興味関心ごとや共感要素を通して、ブランドの想い(メッセージ)を届け、生活者との繋がりを生みだすことができるコンテンツであるかということです。
 
★20170720_0021
 
どうしてブランデッドムービーラボを立ち上げたんですか?
 
大泉ブランデッドムービーラボについては、ショートフィルムによる企業のマーケティング活用を追求し、次代の映像の企業活用法と価値を示すことで、企業活動の発展と映像文化貢献を目指すことを目的に立ち上げました。また、スマートフォンが普及して通信環境も高速化し、動画コンテンツの視聴環境が整いましたが、その中でもショートフィルムは尺が25分以内と、隙間時間に見るコンテンツとして最適であることも大きな要因です。
ただ、今日集まったこの3名については立場上、ブランデッドムービーに市場価値を生みだすことで、新しいクリエイター文化をつくり、映像文化に貢献したいという想いが強いです。
 
それらを実現するには、クリエイターが広告だからとか生活のためにつくるのではなく、自分がやりたいエンタテインメントを企業とともに当たり前のようにつくれるような環境を創り出したい。だからこそ、まずは企業(広告主)に対してブランデッドムービーの価値を見出さなければならないと思っています。こうしたことは今、一緒にブランデッドムービーをつくっている諏訪さんがSSFF & ASIAでブランデッドムービーに特化したプロジェクト「Branded Shorts」を設立した頃から想定していたことなんです。
 
ブランデッドムービーを語る上で触れておきたいのがショートフィルムですが、今のショートフィルム業界で、昔に比べてより求められているものは何ですか?
 
諏訪:SSFF & ASIAで長年言われていることは、日本の作品にも素晴らしいものがいっぱいあるんですけど、海外の作品と比べると長編映画のショート版みたいなものが多いんですよね。内容を詰め込みすぎっていうか。
 
Saito:日本の作品の場合、長編映画と同じように物語を組み立てようとするから、長さも20分前後のものが多いんです。逆に海外の作品は5分前後で、ショートフィルムでしかできないような内容のものが多くて、最後にオチがきて、見た人に衝撃を与えて終わるものが目立ちます。
 
諏訪:海外の作品は切れ味がすごいし、ショートフィルムにしかない世界をつくりだしていると思いますね。
 
★20170720_0061
 
Saito:実はそれってブランデッドムービーも同じですよね。
 
大泉:そうですよね。別所さんが、長編映画ではなくショートフィルムに魅力を感じてSSFF&ASIAを作られたのって、当時は不思議に思う方って沢山いたはずですよね?なんでショートフィルムなんだって。でも今は少しずつクリエイターの感覚が変わってきてるような実感があるんですがどうですか?
 
Saito:それは間違いなくありますね。今までは映画っていったら長編で、でも、なかなか長編は撮れないから、将来へのステップアップのためにショートフィルムをつくっていた。でもそれって、今から思うと別所さんの想いとは違ったんじゃないかとも思うんですよ。でも、それに気づいていない人って、まだまだいっぱいいると思いますよ。
 
★20170720_0056
 
諏訪:実際にSSFF & ASIAを運営するうちの会社には、ショートフィルムのエキスパートが職業になっていく土壌をつくりたいっていう想いがずっとあって、10年以上前からショートフィルムの1億円プレーヤーをつくるのが目標だって言っています。そういう意味では、そこにすごく寄与しているのがブランデッドムービーの出現だと思いますね。
 
Saito:だから長編の映画づくりとは考え方が根本的に違うブランデッドムービーの出現によって、ショートフィルム中心の監督でも十分仕事として成立するようになってきました。これまでは仕事としてCMか長編映画かテレビドラマか、もしくはPV(プロモーションビデオ)か、どれかを選ばなきゃいけなかった。でも、今は企業にスポンサーになっていただいて、ブランデッドムービーをつくる機会をいただけるので、ずっと取り組んできたショートフィルム制作のノウハウや培ってきたものが活きてきたなっていうか。なんだったら最近は本気でショートフィルムの第一人者を目指したいという気持ちになっています。昔はそれって自分でもイヤだったと思うんですよ。長編映画を撮った人からは、まだ短編を撮ってるの? とかって言われたりして。でも今は、ステップアップのために短編を撮るというよりも、短編と長編は別のものになってきたと思っています。これまでとは違って短編が長編とは別のものになってきたんです。
 
大泉:クリエイターが本気で楽しんでくれないと良い作品はできないですからね。興味深いです。
 

(文:石川博也、撮影:大槻真巳)


 
後編へ続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご意見、感想、取材の依頼、仕事のご依頼、その他、お問い合わせはこちらよりご連絡ください。