Columnコラム

  • TOP>
  • Column>
  • 【インターネットトレンドレポート】動画マーケッター必読の12枚のスライド①

【インターネットトレンドレポート】動画マーケッター必読の12枚のスライド①

伝説的なベンチャーキャピタリストとして名高いKPCBパートナー、Mary Meeker氏が毎年発表するインターネット業界のトレンドレポートは、毎年心待ちにするマーケッターが多い。先日発表された2016年版は全216スライドにも及ぶが、Reelseoが動画クリエイター及びマーケターととして必要な12のスライドを選び発表した。そのスライドを、前後半に分けて6ずつ紹介していく。

 


 

 

# 1 どのようなビデオ広告が成功するのか

 

01_160712_Slide_48

 

 

動画広告において成功する四つの項目として、「信頼性」「エンターテインメント性」「文脈があること」、そしてほとんどの場合「簡潔であること」が重要であると伝えている。事例としてSnapchatでのキャンペーンをあげている。3つのV(Vertical:スマホでみるため、Video:ストーリーを伝えるのに適した方法、Viewing:必ずフルクリーンで見られる)が成功している例として、Spotify、2015年のウルトラミュージックフェスティバル(マイアミ)の10秒広告をあげており、Spotifyは260万、ウルトラは144万もの視聴数を出し、Spotifyの場合は、通常のモバイルチャンネルの2倍もの効果を上げたとしている。

 

 

 

# 2 想像以上にビデオ視聴時間が増加

 

02_160712_Slide_76

 

過去90年の間の人々の動画に対する視聴の変化が紹介された。

1926年:ライブ(一方的な放送)/昔ながらのテレビ

1999年:オンデマンド / DVDやストリーミング

2013年:セミ・ライブ / スナップチャット

2015年/2016年:リアル・ライブ / ペリスコープ/Facebook Live

特筆すべきことは、Facebook、Googleが巨大なお金を投資しているのにもかかわらず、バーチャルリアリティーに関して記載がないのは驚くべきことである。

 

 

# 3 SnapchatとFacebookでにおける、ユーザーシェア型の動画

 

03_160712_Slide_78

 

 

動画の消費量、洗練性、適性は急速に進化しているとMeeker氏は言う。それを証明する材料としてスライドでは、Facebookの一日のビデオ視聴回数が2014年第三期に100万人だったのが、1年後の2015年第三期には8倍の800万人に増加したことを上げている。Snapchatで言えば、2014年第四期の100万人から、2016年第一期には1,000万人と飛躍的に伸びたことを上げている。

しかし昨今の業界でのトレンドは、「視聴時間」と「エンゲージメント」が「視聴数」よりも重要視されているため、このスライドだけでは伝わらないであろう。

 

 

# 4 2,000万人のSnapchatユーザーは毎日ライブ映像を視聴している

 

04_160712_Slide_80

 

Snapchatについてはこのプレゼンテーションで幾度となく触れられているが、上記のスライドでは、1,000-2,000万人のSnapchatユーザーが、ライブ映像を毎日視聴しており、大学のアメリカンフットボールの試合やMTVミュージックアワードなどミレニアル世代に絶大な人気を誇る映像でさえ、TVよりもSnapchatでの視聴が多いとされている。

 

 

# 5 Facebookライブと映像とユーザーによって制作された動画について

 

05_160712_Slide_85

 

Facebookライブについてのスライドでは、UGC(User Generated Content=ユーザーによって作り出された映像)の実例として、アメリカのCandance Payne氏があげたチューバッカのマスクをかぶる動画をあげている。この動画はFacebookビデオで最も見られた動画であり、回数でいうと15,400万回にも及ぶ。彼女がマスクを購入したデパートKohl’sは、動画内で2回話題に出され、結果Kohl’sのアプリは米国内のApple Store のトップセールスとなり、もちろんチューバッカのマスクも爆発的に売れた。

 

 

# 6 SNSでのライブストリーミングの歴史的な年

 

06_160712_Slide_88

 

Meeker氏は、2016年を「SNSにおけるライブストリーミングの歴史的な1年になる」としている。スポーツを鑑賞する「完璧な」視聴プラットフォームとしてSNSは機能するであろうとしている。その理由として以下があげられる。

 1. 通知機能により、ゲーム開始やゲームの様子を随時アップデートしてくれる

 2. Tweetにより、ファン同士がリアルタイムで会話が出来る

 3. スコアボードなどの機能で、ゲームの状況を逐一知ることができる

 4. 動画によりプロのコメントや分析を視聴することができる

 5. 横型動画を縦で観ることで、ゲームを観ながらSNSの状況を見ることができる

 6. 横型動画を横でみることで、フルスクリーン、TVと変わらない環境で観ることができる

2016年秋から始まる、TwitterでのNFLライブ放送は、上記のよいモデルになるであろうと説明している。

 

 


 

後半の6枚のスライドについては、7月14日にアップする予定です。

 

出典元)ReelSeo

12 Brand New Slides Every Video Maker Should Know

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご意見、感想、取材の依頼、仕事のご依頼、その他、お問い合わせはこちらよりご連絡ください。
BRANDED
BRANDED